CROSS TALK社員座談会

皆さん、プリントボーイでどんな仕事をしていますか?会社はどうですか?

Sさん

Sさん

4年目 営業部

Sさん

「私は営業部ですが、プリントボーイ全体にチャレンジを応援してくれる雰囲気がすごくあります。挑戦したい人には会社がチャンスを与えてくれて、自部署、他部署関係なくサポートしてくれます。だから『やりたいこと』はすぐ口に出して言います。心の中に溜める必要がないのですから」

Nさん

「社員同士、仲が良いですよね!風通しがいい会社。パートナー企業の印刷をすべて請け負うウチの部は『ミス0』を目指しています。だから、ミスに繋がりそうな事があれば部署全員が集まって、こうしたら起きないのでは?とすぐ『改善』に向けて話し合います。」

Tさん

「僕が働いているのは印刷現場です。ここでは社員同士、お互いの仕事や取り組む様子を見ている感じが温かいですね。そして、どんどん若手に経験させようと仕事を任せてくれます。プリントボーイでは、難しい加工や多種類の印刷に取り組むことができますから勉強になりますよ。キャリアアップ出来てきているかな、と自ら実感できる機会が増えました」

Kさん

「私は会社が渋谷に立ち上げたばかりのショップ『一期一会』の担当です。お客様の想いに徹底的にこだわって名刺を作成する専門ショップです。接客のマニュアル作りから料金体系にいたるまで、様々な決めごとの作成や社内とのやり取りをしています。プリントボーイならではの、『ものづくり』をする現場の忙しさと楽しさを感じている最中です」

どんなときに、この会社で働いてよかったと思いますか?

Nさん

Nさん

10年目 DC部

Sさん

「私がプリントボーイで担当している年賀状の業務は、1年を通じて企画・制作から、販売促進まで様々な仕事があります。カタログやPOPの準備やディスプレイの作成まで、いかに高品質にきれいに見えるか工夫するのは楽しいですね。自分たちの部署だけでなく、他部署と連携してチームで動いて業務を成し遂げたときは『本当に良かったね』とお互いに労い合います」

Nさん

「印刷オペレーターとしてプリントボーイに入社して4-5年後、現在の部署で企業の窓口業務の担当になりました。企業から連絡を受けた時点で、この納期では絶対難しいだろうというご依頼もあります。それを何とか社内で調整して無事納品したとき、ご担当者様から安堵と感謝のお声をいただけることがあります。その瞬間、やりがいを感じますね」

Tさん

「発注された特殊な印刷物が美しく刷り上がったとき。お客様の希望通りに、きれいに切れたり、折れたりする加工が出来上がったときに喜びを感じます。職人的な感覚ですね。『ものづくり』が好きで、印刷に興味のある人なら、学生のうちに特別な技能がなくても印刷技術を学べます。一生懸命続ければ、すぐ身に付きますよ」

Kさん

「私の喜びは、お客さまとダイレクトに接することから生れます。出来上がったオリジナル名刺を手に取った途端、お客さまから『わぁ、すごくかっこいいじゃん』『頼んで良かった』『また来たい、ぜひお願いします』と言っていただけたときは、感動ものです」

もっと働きやすい会社にするには、どうしたらいいですか?

Tさん

Tさん

3年目
プロダクトセンター

Sさん

「出産や子育て、介護など、仕事と家庭をもっと両立できるように会社でサポートできることはないかなと考えています。女性が多い職場になってきたので、育休後に復帰しやすい仕組み作りが、この会社でやりたいことの一つです」

Nさん

「自分が休みを取ることで、業務が滞ってしまう部分がでてしまうことが気になり、ついつい休みを取らないことに。一緒に働くスタッフたちと、そういう部分も話し合っていきたいと思っています。休み方の『改善』も大切ですね」

Tさん

「残業は、直近の月で25時間くらい。自分しかできない印刷機もあり、休むと迷惑がかかるなぁという考えを持ちがち。1週間休んで海外旅行にいく、そう決めて作業を組んでいくようにしたいです」

Kさん

「ショップが渋谷にあるため、千歳烏山にある本社の状況がよくわからなくなりがち。本社とショップの考え方が離れてしまわないように、情報交換をまめにしていきたいです。ショップ勤務でも、いまは土日休みです」

PRINTBOY愛に満ちている社員から、学生さんへのメッセージです。

Kさん

Kさん

3年目 販売部

Sさん

「プリントボーイでは、男性だから、女性だからという差別がないです。女性の部長・課長もいて女性のパワーが強い会社です。性別関係なく応援してもらえます」

Nさん

「いまは窓口業務ですが、印刷現場で働いていましたので、仕事がどうにも回らないと自分も現場に出て印刷機を動かします。印刷全般が学べるのがプリントボーイの良さだと思います」

Tさん

「仕事が多いことを大変と思わず、成長の機会と捉えて頑張りましょう。プリントボーイの社員たちは、そんな姿を見逃しません」

Kさん

「プリントボーイのチャレンジの一環として、自分だけのオリジナル名刺が創れる『一期一会』が生まれました!学生の皆さん、渋谷にきたらぜひ、覗いてみてください」

Sさん

Sさん

4年目
営業部 主に年賀状の販促担当

Nさん

Nさん

10年目
DC部 企画専従 印刷~発送まで

Tさん

Tさん

3年目
プロダクトセンター印刷業務

Kさん

Kさん

3年目販売部『一期一会』
(名刺ショップ・渋谷)勤務

CROSS TALK

終始和やかな雰囲気の中で行われた座談会。
交わされる言葉の端々からも、皆様の日々の仕事に対する意識や熱意が伝わり
プロフェッショナル意識の高さを感じました、
ありがとうございました。