先輩社員の紹介新卒入社で活躍されている社員の紹介

12年目 プロダクトセンター課長

Aさん

12年目
プロダクトセンター課長

仕事の内容は?

窓口業務の責任者をしています。窓口で正確な工程管理が出来ているか、他工程で困っていることがないか、を管理しています。部署全体としては「チーム作り」に携わっています。ミスをなくす、納期を守るために効率良く動く、高品質な商品を提供するためには、プロダクトセンターが一つのチームとなることが重要です。そのためには必要な情報のパイプ役となれるように、営業から部署内のメンバー全員まで、幅広くコミュニケーションを取ることを考えて動いています。いまの私は実務よりも会社の仕組み作りや業務改善の方にやや比重があります。例えば、PRINTBOY VALUEという会社の価値観・信念を社内に浸透させることを目的としたバリューチームのメンバーや将来の会社の理想を描く未来プロジェクトのメンバーをやっています。また環境保全の取り組みとして、FSC森林認証を取得しました。FSC森林認証紙は自然環境の保全にこだわり、森林業の方々の人権を守っていく紙のことです。それを取り扱うには認証登録と審査が必要なため、私はプリントボーイのFSC責任者として認証機関とやり取りをしています。

やりがいを感じる瞬間は?

営業部や販売部から「お客様の声」を届けて貰えたときです。プロダクトセンターの若手メンバーの仕事をほめていただくと、彼らの成長が感じられて自分のことのように嬉しいのです。プロジェクトや研修等、女性でもチャンスを与えてくれる会社なので、自分が仕事を通してやってみたい!と思うことをバンバン発信して実行に移すことが、やりがいにつながっていきます。あとは仕事と家庭の両立でしょうか。家庭を持つと、家の事情や出産等でどうしても周囲に迷惑をかけてしまうことが出てきます。会社が色々とサポートをしてくれますが、それに甘えるだけでなく、自分なりに仕事をこなして貢献することが私の課題です。世間では働き方改革が推進されていますが、それを成功させるためにも、まずは仕事の中で、自分の価値を生み出していくような働き方を心掛けていきたいと思っています。

就活中の方に伝えたいこと

自分のこれからのライフプランや目標をしっかり持ってください。就職活動中は当たり前のことだと思われるかもしれませんが、入社時のモチベーションを持ち続けるのはなかなか難しいことです。私は生意気にも弊社の面接で「女性でも活躍は出来ますか」と質問した覚えがあります。が、これが今でも私の中で原動力になっているのかもしれません。ぜひ「あなたがプリントボーイでやってみたいこと」を思い描いてみてください!

Aさんの一日

Aさんの1日

clock
朝 AM9:00

AM 9:00

本日の連絡事項を確認します。

午前 AM10:00
午前

AM 11:00

イラストレーターやインデザインを使って社内資料や印刷用のデータを作成することがあります。

昼 PM0:00

PM 0:00

休憩室で、皆と話しながらお昼ご飯を食べています。

午後 PM14:00
午後

PM 14:00

上司と会議の議題について、事前に打ち合わせをしました。

arw
9年目 プロダクトセンター

Uさん

9年目
プロダクトセンター

仕事の内容は?

印刷業務の窓口業務をしています。朝は前日に送られてきたFAXの処理を行います。伝票の内容を入力し、次工程にまわしますが、不明点や疑問点を事前にお店等に確認を取って、次工程の作業がスムーズに進められる様にしています。午後は紙の在庫確認や発注をし、夕方ごろに翌日の工程表を出力します。印刷オペレーターでしたので、無理な納期でもなんとか納品できるように、自分自身で印刷機を動かすこともあります。そういうときには印刷現場の経験が役に立っています。お客様の「なるべく早くほしい、決まった枚数より余分に欲しい」といった気持ちを汲んで、スケジュールを組み、紙の発注をするようにしています。

やりがいを感じる瞬間は?

窓口でお客様とやり取りする事が多く、急ぎの案件もあって、どうしたら滞りなく納期に間に合うかと考えます。そんなときに、無事納める事が出来た時には達成感があります。その時にお客さまからいただく「ありがとう」の一言にやりがいを感じます。

就活中の方に伝えたいこと

普段身近にある印刷物がどの様に出来るのか、興味を感じる人ならぜひ、来てほしいです。プリントボーイは「ものづくり」の会社ですから、自分次第で、デザイン、印刷、営業、公務、ショップ事業の全てが勉強できて、幅広い分野の経験ができます。いまはIT化が進み、過渡期にありますが、そういう時期だからこそ対応力が求められます。全体的なことでいえば、若々しくて活気のある会社です。挑戦する意欲をすごくかってくれます。「やってみたい」「よし、やってみよう」と応援してもらえますから、受け身ではなく参画する意識で働けます。

Uさんの一日

Uさんの1日

clock
朝 AM9:00

AM 9:00

前日に送られてきたFAXを仕分けします

午前 AM10:00
午前

AM 10:00

FAXの内容をパソコンに入力し、次工程に伝票を回します。

昼 PM0:00

PM0:00

午後に備えて一休み。

午後 PM14:00
午後

PM14:00

紙の在庫があるか確認しています。

arw
6年目 営業部

Mさん

6年目
営業部

仕事の内容は?

一言で言うと、一年中年賀状の事を考える仕事をしています。年賀状事業はプリントボーイの中でも歴史があり、大きな売り上げを占めています。毎年オリジナルでデザインを開発していますが、私はデザイナーではないので、デザインの制作は行いません。年明け年賀状の販売結果が出たら分析して、すぐに次の年の年賀状デザインの方向性を考えます。デザイナーさんに依頼して出てきたデザインは1,000種ほどになりますが、すべてチェックして700~800点に絞っていきます。平行して販売店様へのご紹介や、新商品の企画を行います。年賀状が販売される年末には、実際に販売店様へ出向という形で店頭に立って、オーダー年賀状の受付も行っています。年末だけに販売する年賀状を、丸一年もかけて準備をしていると言うと良く驚かれるのですが、開発点数も多く、売上も大きいので一年中年賀状の事だけでもやることがいっぱいあります。2018年の戌年には亥年年賀状の仕事が進み、亥年の準備が終わる頃には次の子年の事を考え始める、といった形で、私のチームでは常に1年、2年先の干支の事を考えています。

やりがいを感じる瞬間は?

年賀状売り場に立っていて、お客さまが弊社の年賀状を気に入ってご購入いただいたときには、「おっ」と思います。毎年、こだわって作っていますが、毎年干支が変わるので売れ筋も変わります。前年の経験がすべて活きるわけではないので、毎年毎年、人気デザインの傾向を読んでデザインを発注・制作していく必要があります。そんな中で、自分が良いと思ったデザインに人気が出ると嬉しくなります。年賀状はどんどん出さなくなったり、家庭のプリンターで作ってしまったり、という方も増えていますが、年賀状にこだわりを持ったお客様に選んでいただき、やっぱりプリントボーイで作った年賀状は違う、と思っていただきたいです。

就活中の方に伝えたいこと

私が就職活動の時期は何社かお断りもされて、自分に何が向いているのか分からずモヤモヤしていました。ある時プリントボーイの求人を見て、印刷に興味があったので応募してみました。他の会社の面接では凄く緊張したのですが、プリントボーイは社内に入った途端「いらしゃいませ」「こんにちは」と社員さんから挨拶をしてくれて面接も話しやすい雰囲気でした。この会社は居心地がよさそうだなあという理由で入社を決め、今や私もベテランの域に入ってしまいました。自分に合う会社が中々見つからないという人は、とりあえず色々な会社に行ってみるといいですよ。プリントボーイは老舗の印刷会社ですが、ベテランの方も新しい方も活躍している、これからの会社です。

Mさんの一日

Mさんの1日

clock
朝 AM9:00

AM9:00

朝一の部署の朝礼で、今日一日の予定や連絡事項を確認します。

午前 AM10:00
午前

AM10:00

他部署の方とも連携して、お客様のご要望にお応えするための打ち合わせをします。

昼 PM0:00

PM0:00

お昼休みには、休憩スペースで色々な部署の方と交流します。

午後 PM14:00
午後

PM14:00

今日は電車に乗って、お客様との打ち合わせに向かいます。

arw